祭りの引き立て役「はっぴ」

夏と言われると何を頭の中で考えますか。多くの人は海やプールといったものを考え浮かべるでしょう。しかし、中には「祭り」を考える人もいるのではないのでしょうか。夏の祭りにはいろいろありますよね。例えば、青森の「ねぶた祭り」や秋田の「秋田竿燈まつり」、さらには仙台の「仙台七夕まつり」が全国的に有名なのではないでしょうか。それらの夏の祭りになくてはならない物があります。それは「はっぴ」です。はっぴは昔から日本に伝わる伝統衣装です。現在では祭りだけではなく、地域の消防団の制服としても使われています。夏の祭りを引き立てるには無くてはならない物です。祭りに参加している人たちが、皆、私服で参加しているのを想像してみてください。なんか味気ないというか、祭りという感じがしませんよね。このことから祭りの引き立て役をかなり担っていることがわかりますね。祭りというのはっぴが無ければ成立しません。

はっぴを着て祭りへ行こう

はっぴは、祭りなどで着用される日本の伝統衣装です。昔からこれは着用されていて、日本の伝統衣装としては、着物などの高級品とは違い、日本人に一番みじかな伝統衣装となっています。海外からの観光客も祭りを目的に観光に訪れる方も多いです。その祭りを見学し、はっぴをお土産として母国へ持ち帰る人も多いです。現在では、家電量販店やスーパーの特売日など、様々な形で利用されるようになりました。昔からの歴史と伝統を守り続け、尚且つ時代のニーズに柔軟に対応するはっぴを我々日本人は大切に守り続けなければなりません。これからも歴史と伝統を守りつつ、新しい使用方法が生まれていくであろうこの日本の伝統衣装を大切にすると同時に、さらに発展していくように、祭りなどでどんどん着用することを期待します。祭りにはこの日本の伝統衣装を着用しましょう。

はっぴの文化とその歴史

お祭りといえば、屋台や太鼓ラムネなどといったものがあげられますがその中でもはっぴも祭りを代表する物ですよね。その身近に感じているはっぴの歴史を勉強していきましょう。時代は江戸時代にまでさかのぼります。元々は武士たちが普段着として着用していて、染色技術の発展とともに自分達の家紋を染め抜いた服が始まりとされています。その技術で職人や、町火消したちの制服としても採用されました。こうして一般の人達に広がり今となっては誰もが知る物と成長してきました。現代でも祭りだけではなくスポーツ観戦するときに着用したりデパートの店員が大型セールをする時なんかにも着用するといった用途があります。またデザインが昔と比べれば豊富になりオシャレな物も増えてきました。はっぴの歴史を探ってみると江戸時代の物が現代にまで残っていて幅広く使われていることがわかりました。

即日発送可能なはっぴが多数あります! 営業時間は、月曜~金曜 9:00~18:30 土曜日 9:00~17:30 日曜と祝日はお休みです。 有名企業様のはっぴを多数製作しております。 弊社でしか販売していない 弊社オリジナルのはっぴが 多数あります。 無地のはっぴが 税込みで¥1,390です! 大人気の市松柄はっぴは、¥2,270税込みで販売しています。 はっぴの本体のみの販売も行っております