未経験が働きやすいエンジニア求人とは

未経験からエンジニアになることは、比較的ハードルは低めになっているようです。特に、IT技術者などは需要が高い職業ですが、その割りに人材が不足している傾向があります。そのため、企業はコストと時間をかけて新人を育成しようとしています。募集をかければ優秀な技術者がたくさん応募してくるような大企業とは違って、中小企業では優秀な人材が常に不足している傾向があるので、未経験からの応募でも採用される可能性が高いでしょう。いきなり現場に放り込まれるような会社もありますが、1ヵ月~3ヶ月程度の研修を行って、基礎的な知識を身につけさせてから現場で働かせるという企業のほうが多いでしょう。3ヶ月程度の研修の期間のうちに資格を取得できなければ、現場につかせないような企業もあります。企業によって新人育成の仕方はさまざまです。

学歴や資格はほとんど影響しない

エンジニアの特徴として、採用面接の時に学歴や資格がほとんど重視されないということがあげられます。スキルが重視される職業なので、実務経験が一番重視されます。いくら知識やスキルがあっても、チームで仕事をする場合にはコミュニケーション能力が必要になりますので、そういった部分のほうを重視するという企業もあります。20代の前半くらいでは、まだまだ社会人経験が少ないので、学歴や資格のウエイトが高くなることもあります。また、有名大学の大学院を出ている人などは、例外的に優先的に大きく採用に影響することもあるようです。未経験からの応募でも、スクールで勉強をしていた人はいくらか有利になるでしょう。新人を育成するために企業はコストと時間をかけますので、スクールで基本を学んでいた人はいくらか育成の期間を短縮できます。

エンジニア求人にもさまざまなものがある

未経験から応募できるエンジニア求人としては、プログラマーやネットワーク技術者などがあげられます。ITコンサルタントやITアーキテクトなどは給料が高いことで有名ですが、上位職なので、かなり経験を積んでからキャリアアップをする必要があるでしょう。プログラマーやネットワーク技術者に求められる能力は、それほど高くはないようです。むしろ、やる気や熱意があるということや、チームで仕事をするためのコミュニケーション能力があることが重要になります。1年も仕事をやっていれば、それなりに活躍できるようになるでしょう。面接でも、やる気や熱意、コミュニケーション能力などをアピールすることが重要になります。しかし、情報系の学部を出ていたり、資格を持っていたり、スクールで基礎知識を身につけていたりすると、志望動機に説得力が出てくるので無意味ではありません。