未経験でもエンジニアとして働きたい方へのアドバイス

最近はエンジニアの世界でも多種多様な働き方が求められ、その業界に求められる人材も様々なマインドや経験を持った人材が重宝されている傾向です。これはエンジニアリングという職業が一種の人間の豊かな想像力を必要とする職業であり、様々な人生経験や職業経験に基づく発想が、時に素晴らしい着着眼点となり得るからです。そのような建設的な理由により、最近は業界未経験でも広く求人を行い、素晴らしい可能性を秘めた人材発掘が一つのトレンドになっています。かつては専門的な経験が必要とされた業界ではありましたが、最近は可能性を求めた求人もあり、ジョブチェンジやキャリアチェンジを検討する方にとってはねらい目の業界の一つとも言えます。しっかりとした準備があれば大きな成功も夢ではない業界です。

キャリアチェンジには十分な準備が必要です。

未経験でも本人のやる気と可能性次第で大きな成功を得られる業界ではありますが、チャレンジするにはしっかりとした準備が必要です。これはエンジニアだけではなくどの業界にも言えることです。未経験であることは、幅広いことを早く大きく吸収できる可能性に溢れている一方で、業界経験者と比較すると、どうしてもハンディと言わざるを得ないところがあります。そのハンディキャップを最初から全て埋めることは難しいですが、まずは業界研究から地道に行い、エンジニアの中でもどの分野で自分は活躍したいのか、そのような仕事をしたいのかをしっかりと考え、そのために必要な勉強の方向性を考えることです。業界の勉強を行うといっても何から開始すればよいか検討も難しい場合は、志望の企業に対して正直に打ち明け、その企業にとって一番マッチする知識の蓄積から入るべきと考えます。

失敗を恐れない姿勢で仕事にチャレンジです

経験がない者の強みの一つとして、既存の価値観や方法論にとらわれず、時に自由であり大胆な発想を発揮して仕事に打ち込めるという利点があります。経験者の場合はどうしても過去の事例や実例のため、これまでとは大きく仕事のやり方を変えたり、斬新な手法を試す、ということが難しいです。そのため経験者の仕事からは、破綻の無い一定の成果は得られる一方、多くの人を唸らせる斬新な後々の仕事にまで大きな影響を残す斬新な成果は難しい側面があります。その一方で未経験者の場合は、過去の事例がない分、大胆な発想と行動力が発揮でき、時に従来の業界人では思いも付かなかった手法を導き出し、斬新な成果を上げる可能性があります。最近の企業はこの点を特に期待しており、未来への成長投資の一つとなっています。正に失敗を恐れない大胆不敵さが求められる時代です。